手術した方が良い

注射を打つ

包茎は形成手術の対象となっており、一種の体に起こる障害ともいえるものです。病気や障害であれば手術をするときに健康保険が適用されますが、包茎手術ではされないことも多いです。それは、包茎が直ちに健康に害を及ぼすものではないためです。分類的には整形手術や歯の審美施術と同じように取り扱われるものとなっています。生活改善のためのものなので、病気の治療よりも見過ごされることが多いのはこのためであるといわれています。確かに、手で余った皮をひっぱり、露出させることで対処するという人もいます。そういった風潮もあるので、悩みがあってもあまり相談に訪れないのです。生殖器に関することは、恥ずかしいということもあり通院に抵抗があるという人が多いのも事実です。

しかし、悩みがあるということは何か障害が起こっているということなので、医師と相談した方が良いのです。包茎手術をして得られるメリットはいろいろありますので、そういったメリットを検討してみてから手術を受けるか受けないかを決めると良いでしょう。仮性包茎は排尿や性交渉の時にもあまり障害はなく、問題なく日々を過ごしているという人も多くいます。しかし、真性包茎であれば、しっかりと亀頭部分が皮に包まれているため、性交渉やマスターベーションの際に痛みを感じることもあります。また、カントン包茎であれば亀頭の根本が締め付けられている状態であるため、勃起した状態になるとうっ血してしまい、激しい痛みを感じることもあります。そういう状態が続いてしまうと、性病に感染するリスクも高くなってしまいます。痛みや性病感染のリスクを避けるためにも手術は受けておいた方が良いです。