切らない方法

ワイシャツに蝶ネクタイ

仮性包茎やカントン包茎などを治すには、切開して手術をすることが多いです。しかし、デリケートな部分の皮を切除することになるので、術前術後の扱いは細心の注意を払わなければなりません。ペニスは血流が集まると勃起し、そのたびに皮が伸び縮みします。余った皮を切開し縫合するという方法を亀頭直下埋没法や環状切除法などの包茎手術では行なうことになるので、その後は皮が安全にくっつくまで時間を置かなければなりません。しかし、ペニスは伸び縮みしやすい場所なので、ちょっとした刺激で血流が集まってしまい、手術後に出血してしまうということはよくあることです。そのため、あまり切開手術をしたくないという人もいます。そんな人のために、切開しない切らない包茎手術も紹介されているのです。

包茎手術には余った皮を切らない、ナチュラルピーリング法と接着法とよばれるものがあります。ナチュラルピーリングとはその名の通り、自然にむけるようにむき癖をつけるということです。余った状態の皮が亀頭部分を隠さない形で剝くことができれば、性交渉や排尿にもなんら問題はありません。やり方は二重まぶたを作る時と同じような要領で行われます。シワを亀頭部分にできるように、医療用の糸で結びつけるのがこの方法です。医療用の糸なので、常に付けた状態でいても問題ないのが大きなメリットです。しかし、真性包茎のような皮が大きく余っていたり、分厚かったりする場合はあまりうまくいかないので注意しましょう。また、接着法は糸ではなく医療用の接着剤を使う方法でこのシワを作り出すものです。接着剤が合わない場合もあるので、体質に合わせて使うことが推奨されています。